よこはま地域ネット24「横浜市定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業者連絡協議会」 研修分科会細則

side-banner

横浜市
認知症高齢者研究所
横浜市福祉サービス協会
社会福祉法人 同塵会
株式会社フルライフ
社会福祉法人 秀峰会
社会福祉法人 若竹大寿会
株式会社ゆい

TOP > 研修分科会細則

研修細則

よこはま地域ネット24
横浜市定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業者連絡協議会
研修分科会細則


【趣旨】
第1条
よこはま地域ネット24(正式名:横浜市定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業者連絡協議会)(以下「協議会」という)の研修事業については、協議会会則(以下「会則」という。)第5条第3項に定める幹事が研修分科会の業務を遂行し、その職務は、この細則によるものとする。

【執行方針】
第2条
研修事業の執行に当たっては、会則第2条に掲げる事業に添って具体的な計画に基づき執行する。

【分科会の職務】
第3条
研修分科会は、訪問介護看護事業のサービスと質の向上等の為に、次の研修・講演を担当する。また、訪問介護看護事業における協議会からの依頼調査研究の業務を行う。
(1) 協議会主催(事例発表会を含む)の研修事業を企画し構成、日時、会場、講師等を選定し予算を添えた企画書を協議会へ提出し実施する。実施後は実施報告書と精算書を添えて協議会に提出する。
(2) 訪問介護看護事業に必要と考えられる研修内容を企画し構成、日時、会場、講師等を選定し予算を添えて企画書を協議会へ提出する。
(3) 協議会で決議された研修の運営を実施する。実施後は実施報告書と精算書を添えて協議会に提出する。
(4) 協議会の共催、後援依頼に対する受託業務を行い、内容を精査し総会および分科会決議等が必要かに分け会長に提出し許諾を受ける。共催、後援資料は研修分科会が保管する。
(5) 研修事業の年間予定と概算は、年次毎に総会へ提出する。(事例発表会の実施を含む)

【人事配置】
第4条
研修分科会担当の幹事1名と 補佐1名程度とする。(研修実施時には若干名の協力が必要)

【文書保管】
第5条
研修分科会での議題、議事録、決議事項や企画書、実施報告書は研修分科会で保管し、写しを総務分科会に提出し保管する。
また、研修分科会で決議され、総会決議が必要な場合は会長に議案を提出する。

【会計】
第8条
研修分科会からの予算書を会計分科会へ通知する。

【支出】
第9条
1 研修分科会の支出については、研修分科会担当幹事による決裁を受けて執行し、執行後は清算書を作成し領収書等証拠書類を添付して会計分科会が管理し、会計分科会担当幹事の確認を受ける。
2 研修分科会の会計について特別の理由のある時は、補正の予算を組み総会の承認を得る。

【その他】
第10条
この細則に定めるもののほか、必要な事項は総会で決定する。

附則
この細則は、平成24年10月5日から施行する。

よこはま地域ネット24事務局 SOMPOケア株式会社内
〒231-0015
横浜市中区尾上町3-35 横浜第一有楽ビル6階
TEL:045-222-7311 FAX:045-663-2711
e-mail:chiikinet24@sompocare.com